脇汗をしっかり防いで不快な臭いとサヨナラしよう!

気になる脇汗

これからの汗ばむ季節、気になるのが脇汗です。上着を一枚羽織ってごまかせるならともかく、YシャツやTシャツ一枚になった時の自分の汗ジミの多さに気づいて赤面してしまう方も多いはずです。

 

しかも厄介なことに汗は気温や湿度の高さだけに反応して増えるのではなく、精神的な緊張感が増す場面や、自分の汗の多さに気づいて恥ずかしさを感じた瞬間にも一気に増えたりします。その上脇は特に蒸れやすい箇所ですから、着替えずに放置してしまうと悪臭を放つのはもちろんのこと、大切なお洋服を傷ませてしまう原因となります。

 

ただ、過度に心配する必要はありません。多くの方がご自分の脇汗の量が人よりも多いのではないかとか、深刻なワキガなのではないかと不安になるようですが、日頃からしっかりとした脇汗対策を心がけることで、脇汗の不快な臭いや衣類の汗ジミなどの悩みを解決できるのです。

 

そこでどんな対策が脇汗に有効なのかをご説明したいと思いますが、皆さんが最も気がかりだと思われる「普通の脇汗の臭いとワキガの臭いはどのように区別すればよいのか」という部分を解説しておきましょう。正しい知識をインプットして、脇汗対策に活かすようにして下さい。

 

ワキガの臭いと通常の脇汗の臭い、どう違うの?

気になる脇汗

人間の体には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺があります。この2つの汗腺は同じように汗を分泌させる装置ではありますが、含まれる成分や水分量は異なります。

 

エクリン汗腺が分泌する汗の場合、1%が塩分・ミネラル・尿素・アンモニアといった物質で、残り99%は水分です。ほとんどが水である分、サラサラとしていて不快なベタツキ感はなく、見た目も無色透明です。

 

また、このエクリン汗腺が分泌する汗は人間の体温が上がりすぎるのを抑制する効果や、皮膚表面に潤いを与え、乾燥などの刺激から肌を防護する役割など、実に様々な重要機能を持った汗でもあります。

 

しかし、もう一方のアポクリン汗腺が分泌する汗、こちらはエクリン汗腺が発する汗には含まれていない脂肪やたんぱく質、鉄分、糖質、アンモニア、尿素、色素など多くの物質を含んでいます。そのため、ベタつきや黄色い汗ジミの原因になり、もちろん長時間放置して細菌の分解が進むと不快な臭いをも生み出します。

 

つまり、あの強烈なワキガの臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗の臭いなのです。また、このメカニズムを理解して脇汗対策を行えば、エクリン汗腺から発生する汗に関してはしっかりと臭いを抑制することが可能だと断言できるのです。

 

では、アポクリン汗腺から分泌される汗の臭い、即ちワキガ臭を抑制することはできないのでしょうか?

 

残念ながら、ワキガの悩みを根本的に解決するためには手術を行うしかない、というのが答えです。しかし、そんなワキガの臭いに一定の効果を上げる対策方法がないわけではありません。

 

当サイトでは、ワキガの臭いでお悩みの方にも効果的なデオドラント対策をご紹介していきたいと思います。

 

自分がワキガかどうか見分けるには

気になるニオイ

ご自分の脇汗の臭いが気になるという方は、1度専門医の診察を受けましょう。そして正式にワキガと診断されたら、その上で正しい対策をとることが重要です。

 

ただ実際のところ、ワキガ体質の日本人は欧米人と比較すれば少ないものです。そのためワキガと診断されてしまうと、よりコンプレックスを深めてしまうかもしれませんが、まず以下のような項目に該当しないのであれば、ワキガである可能性は低いといえるでしょう。

 

両親、あるいは片親がワキガ体質と判明している

体毛が濃い

耳垢に湿り気がある

白いシャツの脇部分に黄色い汗ジミができる

入浴後時間が経っていなくても脇の臭いが気になってくる

肌質は脂性タイプだ

 

特に、上記のチェック項目の中の『白いシャツの脇部分に黄色い汗ジミができる』という項目に○が付く方は、生まれつきアポクリン汗腺の数が多く、また汗の分泌量も多いと考えられますから、ワキガを疑ったほうが良いでしょう。

 

しかしながら、昨今よく使われる制汗剤の使用が原因で、エクリン汗腺が分泌する汗であっても衣類に黄色い汗ジミが広がってしまうケースがあります。エクリン汗腺とアポクリン汗腺、どちらの汗が原因でできたシミなのか、衣類のシミの境界部分をよく観察するようにしましょう。

 

もしもエクリン汗腺からの汗ならば衣類との境界がはっきりとしない、ぼんやりとした黄色いシミが広がるのが特徴で、アポクリン汗腺からの汗ならば白い衣類との境界がクッキリとしていて、黄色の色素が濃いという特徴があります。

 

臭いや衣類の黄ばみを防ぐための脇汗対策

それでは本題である、脇汗に関する様々な悩みを解決するための対策方法を解説していきましょう。もしワキガではないのであれば、以下に挙げていくような対策で十分、脇汗の臭いや黄ばみ、シミなどを予防できます。

 

さらに軽微なワキガの方でも以下の対策を執ることで、相当の効果は感じられるはずです。

 

油分控えめの食生活を心がける

ワキガの臭いは食生活に大きく左右されるものです。臭いを抑制するためにはビタミン豊富な野菜や海藻、魚などを中心に、油分控えめの食事を常に意識しましょう。胚芽やゴマに豊富なビタミンEや緑黄色野菜のビタミンAは、脇汗の臭いを防ぐのに有効です。

 

規則正しい生活でストレスの緩和を図る

汗の量はストレスや緊張によって増えます。睡眠不足や不規則な生活習慣はアポクリン汗腺の働きを活発にしてしまうことが考えられますから、生活リズムをしっかりコントロールしましょう。

 

日常的に良質な汗をかく習慣を身に付ける

汗をかくと不快だからといって日頃エアコンの効いた屋内などにずっと閉じこもっていると、急に汗をかいた時に粘度の高い、臭いレベルも強烈な汗しかかけない体質になってしまいます。このような状態を防ぐためにも、日常的に半身浴やスポーツなどで良質な汗をかく習慣を身に付けることが重要です。サラサラした汗をかくことができれば、臭いは気にならないものなのです。

 

こまめに水分を補給する

汗の臭いを防ぐには、こまめな水分補給も重要です。水分不足の体から分泌される汗は水分以外の様々な物質の濃度が上がり、臭いを強めてしまうのです。

 

吸湿性に富んだ衣類を着用する

化繊などの吸湿性に問題のある衣類は、やはり蒸れによる雑菌の繁殖スピードをアップさせ、汗の臭いを強烈にする原因となります。さらに、梅雨時のような湿度の高い時期に洗濯物を室内干しすると乾きが遅くなり、衣類の雑菌やカビを増やして汗の臭いを強める可能性もあります。洗濯物を部屋干しにすることが多い方は除菌タイプの洗濯洗剤を選ぶよう心がけて下さい。

 

ミョウバン水をデオドラント剤として用いる

市販の制汗剤やデオドラント剤には確かに汗の量を抑制したり、雑菌の繁殖を抑える効果がありますが、効果が持続する時間は限られています。できるだけ長時間デオドラント効果をキープしたいのであれば、ミョウバン水を手作りし、スプレー容器に詰めて脇に塗布するという方法が有効です。

 

脇汗パッドを活用する

脇汗パッドには抗菌・消臭効果がありますから、衣類の汗ジミを防げるだけでなく、軽微なワキガの方の臭い対策にも有効です。使い捨てタイプなら雑菌の繁殖などの心配もなく、大変衛生的です。

 

市販のアイテムを選ぶポイント

市販の制汗剤やデオドラント剤を使用する際は、しっかりと脇汗を拭ってから塗布するようご注意下さい。汗の成分と制汗剤・デオドラント剤の成分が混ざれば、黄色いシミが衣類に広がってしまうからです。

 

さらに、スプレータイプの制汗剤よりも、クリームタイプやロールオンタイプの制汗剤を選ぶようにすると、より長時間効果をキープできます。スプレータイプのものは空気中に拡散するため、うっかり吸ってしまうとむせてしまう可能性がありますし、音もするため場所によっては使用が憚られますが、脇に直接塗りこむクリームやロールオンタイプなら、そのような心配はありません。

デオドラントクリームランキング

  価格 商品名 詳細
5700円~ ラポマイン

Lapomine
詳細
4104円 ミス・パリ

デオドラントクリーム
詳細
8160円 海露


詳細
5780円~ デオプラスラボ


詳細